2018年度全国大会

2019年3月29日(金)から3月31日(日)、昭和の森テニスセンター(東京都昭島市)において TOMAS CUP JAPAN JUNIOR TENNIS TOUR CHAMPIONSが開催されました。

今年で12回目を迎えるTOMAS CUP、今回も600名を超えるエントリーを頂きました。


開会式、TOMAS CUP恒例のバルーンリリースにより今年も幕を開け、選手達はコートに向かいます。 チャンピオン達が集うTOMAS CUP、どのコートも熱戦が繰り広げられました。

コートの外ではイベントがたくさんあることもTOMAS CUPの魅力の一つです。 世界チャンピオンでありギネス記録を更新し続ける「なわとびパフォーマーの生山ヒジキさん」、 くすくす笑って、時々びっくり。エンターテイメント「ジャグリングのプロ、クラウン・リオさん」 人気の講座には、テーピング講座、グリップテープ巻き方講座、靴紐の結び方講座など様々な講座も開催されました。

また飲食ブースでは、恒例の広島焼き、クレープ屋にケバブ屋、美味しいお店がたくさん並びました。

TOMAS CUPのもう一つの魅力、「ウェルカムセレモニー」ではスクリーンに映し出される映像をご覧頂きながら、 最多優勝、最多出場、ベストマナー、ベストスマイル、ベストファミリー、ベストエピソード、 ベストドレッサー、年間ランキングと、 TOMAS CUPならではの数々の表彰が行われます。最後の抽選会には各メーカーよりご協賛頂きました数々の豪華賞品が並び、 選手、保護者の皆様にも楽しい時間をお過ごし頂きました。

今大会もハイレベルな試合が多く、どの試合も緊張感あふれる試合ばかり。 決勝戦にはチェアアンパイアとボーラーが入り、プロの試合の様な雰囲気の中で試合が行われました。 冷静さと闘志あふれるプレー、息をのむような試合展開に何度も大きな拍手が沸きました。

そしてチャンピオンの中から選ばれるMVPの2名には以下の選手が選ばれました。 14歳以下男子:坂本 健英 選手(荏原SSC) 14歳以下女子:畭 凛花 選手(江坂テニスセンター) また同時に、第7回BEGINNER CHAMPIONSと第4回TOMAS中学生チャレンジジュニアが開催されました。

最後に、本大会へご参加頂きました選手の皆様、ご家族の皆様、コーチの皆様に心より感謝申し上げます。 そして優勝された選手、入賞された選手、表彰された選手の皆様、おめでとうございます! また来年、皆さんの試合が見られることをキャスト一同、楽しみにしております。


TOMAS CUP大会本部

>>  【TOMAS CUP JAPAN JUNIOR TENNIS TOUR CHAMPIONS 12th】
>>  【TOMAS CUP Facebook】